MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

原点と向上心

f:id:kewpiedesign:20210719224951j:plain

昨日(正確には今日)の深夜、Twitterのタイムラインにとある漫画が盛んにシェアされていた。「ルックバック」という読み切り漫画で、最近の漫画に疎い自分はだいたいこういう読む機会を逃してしまいがちなのだけれど、机に向かっている背中が描かれたサムネイルになんとなく惹かれ、なんの予備知識もないまま読み始めた。どのくらい知識がなかったかというと、作者がプロの漫画家なのか新人漫画家なのも分からないくらいだった。

この漫画は公開された直後からとてつもなく話題になっていて、様々な考察などもすでに出ているので詳しい感想はここには書かないけれど、久しぶりにガツンと脳を抉られるような衝撃を受けて、感情が掻き乱され眠れなくなってしまった。Twitterには月曜日の深夜にも関わらずそういう人が溢れていて、その時点でとんでもないものを見てしまったのだな、と思った。


この漫画を読んで思い出したことがある。昔、自分は漫画家になりたいとぼんやり思っていた。「なりたい」というよりも「なれるかも」「なれたらいいな」程度の淡さと薄さだった。それは自分が中途半端に絵が描けたからで、何の気なしに紙に描いていたら親に褒められたり、同級生の子に褒められたり、先生に褒められたりしていたからである。かといってそれでやる気を出してめちゃくちゃ描きまくる、というわけでもなく、ただ描きたい時に描いて飽きたらやめる、という程度のものだった。誰々ちゃんより上手くなりたいとか、この漫画家の人を目指しているとか、そういう猛烈なものはあまりなかった。ただ、将来の夢を聞かれたら「漫画家かな〜」という程度の、本当に薄っぺらいものだった。

一方、その後に出会った「ホームページ作り」にはなぜか熱心にのめり込んだ。何が面白かったのか自分でも分からないが、自分より年上あるいは年下、あるいは同い年の子がホームページを作っているのを見て向上心はメラメラと燃えて、明けても暮れてもパソコンにかじりつく日々が今の今まで続いている。この当時、「デザイン」が好きという自覚はあまりなく、ホームページを作る仕事が世に言う「Webデザイナー」だと知り、その延長線上でデザインに興味を持っていったのではないかと思っている。なぜこんな曖昧な言い方をするのかというと、単純にもうあまり覚えていないからである。

そう思うと、月並みな言い方にはなるけれどやはり人には向き不向きというものがあるのだと思う。なぜもっと熱心に絵が上手くなりたいと思わなかったのか、なぜホームページ作り、そこからの延長線上のデザインには食事もろくに取らないほどのめり込めたのか、それは自分でも分析できない。ただその2つの間に、理由は分からないがはっきりとした断絶があったことは確かなのだと思う。


そういった諸々を思い出させてくれる漫画で、受けた衝撃がそのままモチベーションになり、今日はやたらと仕事が捗った。漫画でも小説でも音楽でも、たまにこういうことを考えさせられる機会を与えてくれるようなものに出会えるのは、幸せなことだと思う。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。