MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

5年の間

f:id:kewpiedesign:20210306224954j:plain

年が明けて、ちゃんとしたブログを書こうと思っていたのだけれど、なんか妙な義務感が生まれてしまう気がして、まあいいか、とおざなりにしていた。このサイトも近々リニューアルするし、その時に抱負みたいなものはちゃんと書こうかな、と。なので、今書きたいことを何も気負わず書いてしまうことにする。


2月28日で、パニック障害という病気を発症してから5年が経った。何もめでたくなく、口に出して言うようなことでもないけれど、この5年間は自分にとっての戦いだったし、今も終戦したわけではない。それまで色々とありつつも至って平凡に生きてきた自分にとって、5年前のこの出来事はあまりにも大きく、自分の人生をすっかり変えてしまった。世間的には大病ではないとか、ありふれた病気なのかもしれないけれど、価値観を大きく変えさせられたし、皮肉にもそれが今の仕事のスタンスへと繋がっている。少なくとも、5年前に想像していた自分の将来とは大きく異なったところにいる。

先日、KYOTO LETTERという、自分がロゴを制作していただいたメディアにインタビューを掲載される機会があったのだけれど、記事にしていただいたものを読み直して、「やっとここまで来れた」という感慨深さがあった。5年前からお世話になっていて、自分の症状がどん底だった時も診ていただいてくれていた主治医の先生にも見せたところ、「これは、ちょっと感動ではないですか?」と言われた。その時は照れもあってそうですかね〜、というなんとも言えない返事をしてしまったのだけれど、正直に言うと感動していた。実は、どこかにインタビューを掲載してもらうというのがここ数年の密かな目標だったりした。何も成果を出していない分際でそんな大それたことは言えなかったので、機会が訪れるまでひたすら愚直にやっていこう、と思っていたのだけれど。時期が時期だったので、すごくジンと来てしまった。

まだ、全然この病気と自分の人生を切り離してハイさよなら、と進めるような状態ではない。むしろ、病気に合わせて二人三脚でやっていかないといけないような、そういう重荷がある。病気というのはそういうものだと思う。事件は脳で起きていて、脳は自分の体の一部なのだから、うやむやにはできないし、デザインを考えることも、到底理解できない症状を引き起こすことも、全部脳から来ている。だから、一緒にやっていくしかないんだと思う。それにちょっとした絶望は感じるけど、最近はあまり悲観しなくなっている。

正直、到底きつい時でもこの5年をなんとか過ごしてこれたのは、自分の傍にデザインがあったからだと思う。一度は自分から手離しそうになったけれど、やっぱりどんな時でもデザインをしていたい、という気持ちがあったから、なんとか立て直そうという気持ちになれた。2年前にロゴデザインの楽しさを知ってからは、もっとデザインに対して貪欲になっている気がする。だから、愚直にもっと前へ進んでいきたい。こういうことを言えるようになったのも、人間としての価値を感じなくなっていた日から、5年の月日が必要だったのかもしれないと思えば、別に悪くないのではないかと思えてくる。

アクセルを踏みすぎないようにだけ気をつけたいけれど、5年という一つの区切りから、また進んでいきたい。そんなことを思えるようになった自分が嬉しい。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。