MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

f:id:kewpiedesign:20201020182610j:plain

ちょっと目を離した隙に秋になっていた。気候も風景も。珍しく台風が日本に近づいてこないので、こんなに静かな秋もなかなかない気がする。今年は生き物にとっては餌が足りていないのか、毎日代わる代わる自宅周辺に野生動物が現れる。窓辺を見てボーッとしていたらイタチがいたり、タヌキがいたり。今日は河川敷を散歩して帰ってきたら道路を横断している蛇と遭遇した。そのうち熊とも普通にばったり顔を合わせそうで、自然が豊かすぎるのもなんだかな、という感じである。


昨日、赤い公園のギタリストである津野米咲さんの訃報を聞いた。赤い公園は熱心なファンだったというわけでもないのだけれど、元々出自がアイドルだった現ボーカルの石野理子さんのファンであり、以前所属していたアイドルグループが解散になってしまい、もう一度石野さんの声を聞かせてほしい… と渇望していたところ、赤い公園のボーカルに決まったという話を聞いてとにかく嬉しかった。津野さんのことも、SMAPのJoy!!や、モーニング娘。'16の泡沫サタデーナイト!、鈴木愛理さんの光の方へ、つばきファクトリーの笑ってなど、自分が好きなアイドルの人たちとよくコラボをしていたので、アイドルが好きで、なおかつアイドルが歌って活きる曲を作ってくれる人だという認識があった。そんな津野さんと石野さんのコラボが見れるわけだから、今までの赤い公園について詳しくなくても、これからが楽しみだなと思っていたところだった。

今年は悲しいニュースを聞くことが多くなったけれども、今回はより身近に感じてしまい、今年の春に発売された「THE PARK」というアルバムを聴きながらグルグル考え事をしてしまった。


ここ最近、季節柄ちょっとしたことで落ち込みやすく、なんだかあまり良くない雰囲気になっていた時、うっかり母に「行動自体が迷惑なら死にたい」と漏らしてしまい、ひどく驚かれてしまった。母の中では、そういうことを言い出すイメージというか、そこまでの思考に陥っているとは思っていなかったらしい。本気かどうかは置いておいて、この季節になると一気に海底まで落ち込んでしまうような気分になる時があり、そういった時にこういうことを言い出しかけては自分の中で留めていることが何回もあった。それがうっかりポロっと外に漏らしてしまったことで、大変驚かれてしまったのであった。いつからだ、と聞かれて「4年くらい前から、この季節になると落ち込んでそういうことを考えそうになる時がある」と言った。本当になんというか、大きな理由はなくて、ただ逃げ道のように考えてしまう時がある。だいたいは別のことをしているうちに、その思考自体が消えていくのだけれども。

物凄く悲しいというか、なんとも言えない顔をされて、「その選択は無しにしてね」と指切りの約束をすることになったので、とんでもなく親不孝なことをしている気持ちになった。美談にしたいわけでもなんでもないんだけど、今まで外に漏らさずに自分の中だけでそれを煮詰めて考えていたのと、意図せず漏らしてしまった時の差は大きく、言わない方が良かったんだろうけど言ってしまったことでなぜかスッキリしてしまったところがあった。親には大変申し訳ないけど…。

自死を選んでしまう人の理由はそれぞれで、結果的に手段が同じだったというだけで推測できるものは何もないと思っているけれど、通して聴いていたTHE PARKから流れてきた「曙」という曲が本当に素晴らしくて、もっとこの人の作った曲を聴いていたかったな、と単純に思った。好きな曲、好きな歌詞に好きな声が合わさる幸せがあった。辛いのに、曲が良すぎて頭のてっぺんまでビリビリ痺れてくるような、そんな気持ちになってしまった。

もう綺麗な鶴にはなれないとしても
それが生きていく事なのかもしれない

曙が行くよ 夜を引き連れたまま
リセットボタンが壊れたぼくらのように

ただひとつ、こんなに素晴らしい曲をこの世に残してくれてありがとうございます、と言いたかった。ご冥福をお祈りいたします。

曙

  • 発売日: 2020/04/15
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

辛いことも嬉しいこともずっと地続きで、リセットボタンが直りそうにもないけれども、リセットせずにこのまま生きていこうと思っている。多分、それでいいのだと思う。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。