MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

好きなアイドルが結婚した

f:id:kewpiedesign:20191113222506j:plain

昨日、12年前から好きなアイドルである嵐の二宮和也さんが結婚を発表した。

交際は以前から何度も報道されていたので、近い将来結婚も有り得るんだろうなとは思っていたのだけど、嵐が活動休止に入ることもあってすっかりそのことが頭の中から抜け落ちていたので、青天の霹靂というかなんというか、全く心構えが出来ておらず衝撃が大きかった。好きなアイドルは数多くあれど、こんなに長い間ずっと見てきたアイドルは二宮さんくらいであって、その年数の長さがダメージの大きさに繋がったのかもしれない。その証拠に、ずっとアイドルとはなんなのかを考えていたら全く眠れなくなってしまった。

基本的にはアイドルの恋愛・結婚には賛成派だし、今の時代に恋愛禁止なんてルールは人権的にもどうかと思ったりもする。ただ自分から選んでアイドルという仕事をやっている以上は、居ても隠し通してほしいというファンもいるし、中には彼女の存在を絶対に肯定したくないファンもいると思う。その辺りは人によって理由や考え方が異なるので、どれも否定しないし、一概に否定できない。

とは言いつつも、タイミング的に衝撃が大きかったことは事実であり、ここ数年で好きなアイドルが急病で亡くなったり、身内の大事な人が亡くなったり、自分も病気になったりと様々な経験を重ねていて、その中で嵐の活動休止という大きなうねりもあったので、もうすっかり自分はそんなことには動じないと思っていた。なんなら結婚なんてネガティブなことでもなんでもなく、おめでたいことである。が、そうした予想とは裏腹に強いダメージを受けてしまい、そのダメージを受けた自分にショックを受ける、というよく分からないことになっている。

何よりも、結婚を発表したことによって発生するであろう地獄絵図を見せられることに対しての心の準備ができていなかった。今まで何度もアイドルが結婚を発表する時に見せられてきたあの混沌とした様相。自分はあの光景があまり好きではない。祝福するファンだけで埋め尽くされればいいが、現実はそうも行かないし、ショックを受けたファンに対して心無い言葉を浴びせる人もいる。確かにショックから過激な言動や行動に向かってしまうファンもいるけれど、声の大きい人たちばかりが目立って全体がそういう印象になってしまうし、集団としてひとまとめにされて「アイドルオタクは気持ち悪い」なんて言われたりもする。アイドルが好きということは共通しているといえど、それ以外は出自も違う多様な考え方の人間を集めてひとまとめに差別されることへの不快感がある。

正直、一体何に対してダメージを受けているのかはよく分かっていないし、自分は二宮さんに対して疑似恋愛の感情を持ったことはないと思っている。「二宮和也」の前に「アイドル」というフィルターを通して見ているので、どちらかと言えばそういった感情からは一番程遠いし、テレビや雑誌で繰り広げられるデート企画なんかも、なんだか小っ恥ずかしくて直視ができない。

じゃあダメージの正体はなんなのか。恐らくなのだけれど、一言で言うと「知っているつもりでいた人が変わってしまうことが怖い」のではないか?と思う。自分はまだ結婚という節目を迎えたことがないので分からないのだけれど、家庭を持つ前と持った後で人は成長していくのだと思うし、今までと趣旨の違った発言をする機会も増えると思う。「見たことのない二宮和也」が目の前に現れるのが、まだ覚悟できていなくて怖いのではないか、という仮説を立てた。

例えば自分の日記を読み返していても「今と違うなぁ」と感じることは多い。でもそれは自分の中の小さな変化であって気づきにくいが、アイドルの発言は雑誌でハッキリ誰に対しても見える形となって残されていく。実際、「この経験がきっかけでこういう考えになったのかな?」と誌面を読んでいてなんとなく想像したりもする。それが結婚という大きなイベントを迎えた後だとどうなるのか、まだ想像がついていないから怖いのではないか。しかもそれが嵐の中で一番最初なのだから、まだどうなるのか覚悟が出来ていないのである。

本来は祝福されるべきイベントのはずなのに、こんなに自分と直接関係ない人たちから同時に様々なことを言われるなんて大変な職業だと思うし、でもそれを分かった上で発表に踏み切っているのだと思うので、今は受け入れられなくても、そのうち時間が解決してくれると思っている。実際、他の結婚したジャニーズの先輩たちは、結婚したと言われなければ分からないくらい普通にアイドルとしての活動をしていたりする。そうなると、一体「結婚」の何がそんなに問題なのか、という話になってくるのである。だから、今の状態は時間が解決してくれると思っているし、そのうち、二宮さんの血を引き継いだ子孫が残されることを期待し始めたりすると思う。

12年間、ファンとして見てきた二宮さんの姿に偽りのものはないと思いたいし、恐らく何が起きたって根っこの部分は人間そんなに簡単に変わらないのだろう。そして、二宮さんもファンも嵐もレベルアップしていくものだと思うし、これからもそう信じていきたい。新たな人生のステージを迎えた二宮さんが一体これから何をしてくれるのか、楽しみな部分もある。

二宮和也さん、ご結婚おめでとうございます。これからのさらなるご活躍を期待しています。

自分の人生のBGMを全部詰め込んだ渾身のプレイリストを公開しているので、よしなにどうぞ。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。