MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

地続きの生活

f:id:kewpiedesign:20190627195210j:plain

気がつけば、持病をきっかけに自宅で療養生活を始めて3年が経っていた。今は働いているので現在の状態が療養生活なのかどうかは分からないけれど、フルタイムで働く生活からは程遠いのでまだ療養中なのかもしれない。療養しながら仕事をしているという感じで、自分でもこの状態がなんなのかあまり理解できてない。簡潔にまとめるとフリーランスとして働いている、という一言に集約されるのだけれど。

服薬を始めて、情動的にはだいぶ安定したし、以前の何と戦ってるのかよく分からない緊迫した精神状態からは結構解放されたけど、病気の根源はまだ脳に張り付いているし、以前の脳の状態とは明らかに違う。これはもう仕方のないことで、そういう脳に変化してしまったんだと認めざるを得ない。以前とは違う体質になってしまったというか、もともと敏感だった部分がもっと敏感になってしまった感じだから、それを切り離すことはできないという一種の諦めがある。

症状は進みこそしないけど、じっとしているからと言って治るわけではない。今の状態は楽だけれど、果たしてずっとこのままでいいのか、と漠然と思ったりもする。外に出る機会は病気になってから明らかに減ったし、対面で人と会って成功体験を得たりしても、未だ不安を理由に色々なイベントや機会を逃し続けている。でもそれに気づけたこと自体は進展だと思っていて、不安の真っ只中にいる時は自分の置かれている状況に気がつけないし、動いてみようかな、という気持ちになれない。なので動けなくて歯がゆいという気持ち自体は進歩なのだと思うことにしている。

しかし体力がないのならせめて家でもやれることをしよう、と思って、最近はNHKの「デザイントークス+」という番組をよく見ている。広義のデザインを扱っている番組なのだけれど、「デザインハンティング」という、地域に根付いているデザインをリサーチするシリーズが面白く、このシリーズの回は必ず見るようにしている。特に遠出が出来ない今の自分にとって他の地域の情報はありがたく、必ず一個は気になる情報があるので、番組が終わってからその事について調べる、というルーティンになってきている。最近だと新潟のデザインハンティングの回が面白かった。

十分に気力が回復してきたらまた以前のような生活が出来るかもしれないけれど、今のところは自分で出来る範囲のことを続けていって、近い将来自然とそうなっていたらいいな、というのが理想でもある。

何が言いたいのか分からなくなったけど、そんなに将来に関しては悲観していない部分もあって、3年前の何も出来なくなりそうだった恐怖感は今のところはない。また一年後どうなっているかは自分にも分からないけれど、現状で出来る精一杯のことを続けていこうと思う。

今になって気づいたけれど、そういえばもうとっくの昔に令和になっていたんでした。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。