MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

自分のルーツ

f:id:kewpiedesign:20190611190707j:plain

自分が影響を受けてきたもの、数はそんなに多くないけどどれも印象に残っているものばかりで、何に影響されてきたのかを改めて整理したくなって書き出してみることにした。ただ自分が見ているものの数自体がそこまで多くなくて、基本的にむちゃくちゃツボにハマったものを長期間愛でるタイプなので、流行りにもそんなに詳しくない。多分古臭い人間なんだと思う。

音楽

物心ついた頃からアイドルソングに毒されてきてしまったせいで、日常のBGMはほとんどアイドル。ただ「アイドルソング」というジャンルは明確には存在しなくて、様々なジャンルが入り乱れた楽曲もアイドルが歌えば「アイドルソング」というカテゴリーになってしまうので、固定されたジャンルが好きなわけではない。しいて言えば高校生くらいからファンクが好きになって、ファンク系の曲はだいたい好き。

洋楽はあまり聴かなくて、もっぱら邦楽が中心。昔はダンスミュージックが好きだったけど最近はノリの激しい曲が苦手で歌詞重視になってきた。あまりバンドには詳しくない。90年代の邦楽が好きで、ZARDとか小田和正さんとか槇原敬之さんとかをよく聴く。その辺りの年代の楽曲をピンポイントでカバーしてくれるアイドルネッサンスというグループは個人的に最高でした。

近年の邦楽だと今流行ってる星野源さん・米津玄師さん・あいみょんさん辺りは結構聴いている。このお三方の作る曲は結構自分のツボに近い気がする。なんか流行ってるというよりも懐かしい感じがする。

ボーカロイドもたまに聴く。EDMはそんなに得意じゃない。生音重視みたいなこだわりも特になくて、完全にフィーリングで聴いてる。

最近好きな歌手は原田珠々華さん。元アイドルなのだけれど作詞も作曲も自分でされている。お若いので自分の年代をテーマにした歌詞が多く、作られる曲がことごとく好み。そして歌声が気持ちいい。

最近よく聴いている曲。

アイドルネッサンスの夏が来た!は原曲の渡辺美里さんのものよりも全体的に声が控えめで、また違った風情があって好き。

夏が来た!

夏が来た!

 

映画

映画館の真っ暗な空間・一度入るとなかなか出れない空気・大音響が苦手なこともあってほとんど映画館で映画は見ない。ただ千と千尋の神隠しは家族がハマってしまって劇場で3回見た。音量を自分でコントロールできない環境に身を置くのが苦手なので、それなら自宅でゆっくり見たい派。

祖母がスタジオジブリ作品のレーザーディスクを買い集めていて、幼少期あるあるだけどジブリ作品をよく見ていた。おかげで自然風景を見て妄想する癖がついてしまい、中学生くらいの頃は水の中にいる妄想をよくしていた。一番好きなのはもののけ姫。次に風立ちぬ。

ディズニーの「白雪姫」のVHSもあって、初めて見たときの衝撃は忘れられない。映像がずっと動きっぱなしでほとんど止まらない。ミュージカル映画じゃないのに何かにつけて歌が入る。小人の一人が石鹸を丸呑みするシーンのインパクトが強すぎていまだに忘れられない。

嵐の二宮和也さんが出演しているという理由だけで見た「鉄コン筋クリート」がむちゃくちゃ衝撃的で、ジブリ以外のアニメ映画で殿堂入りしている。とはいえアニメ映画を見ている数が少ないので偉そうなことは言えないけれど、ジブリやディズニーとは違う表現の映像で、松本大洋さんとSTUDIO 4℃のファンになった。今公開されている海獣の子供もめちゃくちゃ見たいけど、上記の悩みがあってわりと悩ましい。

あと、アニメ映画のルーツみたいなものに興味があって東映の「白蛇伝」も見た。前のブログで感想を書いたけど、日本版ディズニーという感じで動きまくるので面白かった。原作が中国の民話なのも自分の好みだった。

ドラマ

ドラマもあんまり見ない…。と言いつつ最近は「わたし、定時で帰ります。」を気が向いた時に、「俺のスカート、どこ行った?」を毎週見ている。俺スカは起承転結がハッキリしていて見ているとスカッとする。毎週見る番組は気になる俳優さん(あるいはアイドル)が出ているか、ストーリーが好きかのどっちかだけど、近年で毎週見た番組は逃げ恥だった気がする。あまちゃんは毎朝起きて見ていた。

漫画

幼少期から小学生はひたすら少女漫画を読んでいて、なんとなく漫画家になりたいと思って絵の練習をしていた。人体が描けなくて顔ばかり描いていたので顔しか描けなくなってしまった。中学生くらいからは姉の影響で少年漫画を適当に読み始めて、鋼の錬金術師を読みまくっていた。ジャンプの作品だと銀魂、磯部磯兵衛物語が好きなのだけれど、このチョイスを人に話すとなぜか笑われる。別にギャグ漫画が好きなわけではない。かといってアクション漫画もそんなに好きではない。他だとD.Gray-manとか。

姉は漫画が好きでしょっちゅう漫画を買っていて、それをチラ見したりしているので自分から進んで漫画を見たり買ったりすることはほとんどないけど、近年だとSunnyと海獣の子供は買った。どちらもIKKI COMIXだった。その経験からするとIKKIに連載されている作品は自分が好みなものが多い気がするけれど、もう休刊していて悲しい。

Sunny 第1集 (IKKI COMIX)

Sunny 第1集 (IKKI COMIX)

 
海獣の子供 (1) (IKKI COMIX)

海獣の子供 (1) (IKKI COMIX)

 

小説

漫画よりもさらに読まない。小説は漫画よりも選ぶのが難しい気がしていて、何より集中力がいる。集中力に欠ける人間なので長時間の読書ができない。密度の濃い情報だと途中でだいたい寝ている。最近のライトノベル系には詳しくなくて歴史小説とか古典とか昔の文学の方が好きかもしれない。あとドキュメンタリー系とか?

宮沢賢治の銀河鉄道の夜と、小説ではないけど宇宙からの帰還という本はよく読み返している。ただ単に宇宙が好きなだけな気がする。

銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

 
宇宙からの帰還 (中公文庫)

宇宙からの帰還 (中公文庫)

 

ゲーム

最後にやったのがいつなのか思い出せないくらいやっていない。MiitomoとPokémon GOはやった。Miitomoはゲームではない気がする。

飽きるのが早いので一つのことをやり込むのに向いていない。たまにやってもある程度のランクまで行くと満足してやめてしまいがち。一時期なぜゲームが続かないのかをわりと深刻に捉えて悩んでいたけど、それで悩むのが時間の無駄な気がして考えるのをやめてしまった。



こうして書き出してみるとあまり鮮度のない人間な気がする。ネットでは結構新しい情報に触れているけど手持ちのものは古めのものが多い。インターネットは常に新しい情報に触れられるのでその反動なのかもしれない。ただアイドル以外のエンタメ全般にもうちょっと詳しくなった方がいいのか?という気はする。

一日の中で一番触れているのは多分音楽なのだけれど、これも色んな曲を聴いているのではなく好きな曲をひたすら嫌になるまで聴いている。楽しみ方がしつこい気がする。

あんまり凝り固まりたくないのだけれど、気がつくと凝縮されがちなのが最近の悩みでもある。なんかこうもっと深く考えずに色んなものに触れたい。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。