MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

ブレイクスルー

f:id:kewpiedesign:20190520223629j:plain

今日、ほぼ3年ぶりに初対面の人と話す機会があった。3年前にアルバイトを辞めてからというもの、体調の都合を理由に初めての人と会う機会をほとんど見送ってきた。人と会う機会自体もそもそも少なくなり、たまに話すのは気心の知れた長年の付き合いのある人か、ネットで自分と頻繁に交流をしている限られた人になっていた。

まだ20代の半ばにも関わらずそれでいいのか、という気持ちはありつつも、元々人と対面で話すことにプレッシャーを感じやすく、散々対人恐怖症で悩んできたというバックグラウンドに加え、現在患っている持病の症状がその不安をより強くさせていて、なかなか対面で人と会うことに踏み切れなかった。だからこの一年の仕事はこちらからのお願いで、ほぼフルリモートでお請けさせていただいていた。ただ、やっぱり対面で会った方が言葉以外の諸々の雰囲気が伝わりやすいということは自分でも分かっていて、タスクの状況的にテキストだけでのコミュニケーションが難しくなったという事もあり、去年からお仕事をさせていただいている方々と今日初めて対面で打ち合わせをした。

いざお会いして話してみると、元々事前にテキストでコミュニケーションを取っていたり、自分の弱みを打ち明けていたこともあるのだけれど、目の前のやるべきことに集中していて不安を感じる暇がなかった。心配していた体調も(短時間だったからということもあるけれど)崩すことなく、最後まで終えることができた。

その時は何も考えていなかったのだけれど、時間が経つにつれて「これは成功体験ではないのか?」と思い始めた。「持病の症状が人前で出てしまったら迷惑をかけるから」「そういう気質、性格だから」「そう簡単に治せないものだから」と言い訳をしていた部分が少なからずあったのかもしれない。そしてこの一年で、人と会うことに抵抗があるにも関わらず、心の底では人との交流を欲していたのだな、という矛盾にも気がついた。

知らない間に自分で自分をこうだ、と決めつけていた部分があったのかもしれない、と思った。自分を孤独にしていたのは自分なのかもしれない。得意ではないものへの不安が強すぎて、失われた機会がいくつもあった。今日の経験をきっかけに、なにか一つ光が見えた気がする。

まだ自分から遠方に打ち合わせに伺うことはできないし、今回は相手の方が自宅に訪れてくださったことで実現したのだけれど、一つ自分にとっての課題をクリアできたような気持ちでいる。3年前に諦めたものがまた自分の手中に戻ってきたような、そんな感覚を味わっている。

「大丈夫」と思える体験を増やしていこう。これから、少しずつ。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。