MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

シャガの群生地に行ってきた

福井県と京都府の県境、老富町という集落にあるシャガの群生地を見に行ってきました。この場所は数年前にたまたま発見されてからここ4年くらいで有名になったみたいで、毎年春になると話題になるので一度は行きたいなと思っていたのですが、たまたま家族も行きたかったみたいで今年行くことができました。

まず老富町に着くまでがひたすら長い…。上林(かんばやし)という、綺麗な山と川が延々と広がる奥地を走ること40分。もっとあったかもしれない。上林には何回か来ているのですが、何度来てもその自然の豊かさにびっくりします。田舎に住んでいても自然が豊かだなぁと感じる風景。

シャガの群生地を探してひたすら山道を走り続け、あと一歩で福井県というところでようやく到着。行きすぎるとそのまま福井に突入します。ちなみに夏の朝に来ると涼しいを通り越して寒いくらいの気温です。

f:id:kewpiedesign:20190514153348j:plain

駐車場に車を駐めて、5分ほど歩くとシャガの群生地の入口がお目見え。「クマ出没注意」という少々おっかない看板が…。近くにはトイレもあるのですが、民家のトイレをお借りする形になっていてなかなか見かけない感じです。ちなみに今回はお休みだったのですが、トイレの横に飲食が可能な休憩所があって随時開設しているそうです。平日にも関わらず人は結構いて、改めて話題になっているのを感じました。

そのまま足を進めると一気に俗世離れした風景が広がります。

f:id:kewpiedesign:20190514150906j:plain

f:id:kewpiedesign:20190514150934j:plain

結構な人がいるにも関わらず、森の中はとても静かで不思議な雰囲気でした。歩いている人もただ静かに写真を撮っていて、和やかだけどピンとしているというか、あまり感じたことのない空気。シャガは本当に目で追いきれないくらい視界いっぱいに広がっていて、どこまでこの景色が続くんだろうという気持ちになりました。なんでも400万本も群生しているとか…。

f:id:kewpiedesign:20190514151407j:plain

f:id:kewpiedesign:20190514151303j:plain

f:id:kewpiedesign:20190514151225j:plain

f:id:kewpiedesign:20190514151558j:plain

一度足を踏み込んで奥に行ってしまったら帰れなくなってしまいそうな、綺麗すぎてちょっと怖いくらいの場所でした。ただ、森の中なのでヒンヤリとはしているのですが、気温が30度を超えていて暑くなってきたので熱中症になる前に早々においとましました。午後は日射しが入り込んで綺麗だけど、早朝に来たらもっと不思議な空気を味わえるんじゃないかなぁと。

f:id:kewpiedesign:20190514151655j:plain

f:id:kewpiedesign:20190514151756j:plain

f:id:kewpiedesign:20190514152156j:plain

「フェアリーテイルでも出てくるんじゃないかな?」なんてファンタジーなことを考えてしまう独特の空気感、これは写真では伝わらないと思うので是非実際に行ってみてほしいです…。地元の人が木を伐採したところ、日射しがよく入り込むようになってシャガが大増殖しているのが発見されたことで観光地化したそうですが、自然の凄まじさというかそういうものを感じる場所でした。歩道も綺麗に整備されていましたが、この風景は人の手では作れない神秘的なものだなぁと。観光客の方も多かったのですが、もっとこの綺麗な景色が知られてほしいと思いつつ、今のバランスを壊してほしくないなとも。大事に守られていってほしいです。

f:id:kewpiedesign:20190514152937j:plain

f:id:kewpiedesign:20190514153036j:plain

夜寝る前にこの風景の余韻を思い出して、興奮してなかなか寝つけませんでした…。本当に夢のような景色だった。ちなみに3月から4月まではミツマタが咲いているそうで、来年はその景色も見に行ってみたいですね。初夏のシャガの景色、見れて良かった。

シャガの群生地

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。