MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

分岐点

f:id:kewpiedesign:20190430221342j:plain

今日で平成という時代が終わる。

平成という時代は自分の生きてきた26年間の全てだった。1992年に生まれて、特に何事もなく今日まで日々を過ごしてきた。本当に何事もなかったわけではないけれど、悪いことも良いことも、幸か不幸かそんなに大きな規模ではなかった。だけど全く普通の人生かと聞かれればそうでもない気がする。良くも悪くも人と違うところばかりだと思う。

今になって思うのは、1999年にインターネットと出会ったことがこんなにも自分の人生の中で大きな分岐点になるとは思っていなくて、物心ついた頃から普通の社会生活に馴染めなかった、逃げ道ばかり作っていた自分にとっての拠り所のような存在になっていた。26年も生きてきてそれしかないのかと言われてしまいそうだけど、あの時ネットに出会ってなければ今の自分は存在しなかったかもしれない。平成に入ってインターネットが急速に普及して発展したからこそ、こういう選択肢が出来たのだと思う。そうでなければ、今頃は何をしていたのか想像もつかない。まだ吹っ切れているわけではないけれど、人と違うところばかりを気にして病んでいたかもしれない。プラスにしろマイナスにしろイメージができない。

時代が変わる、と言われてもあんまりピンと来てなくて、おそらく本当に実感するのは日付が変わった明日以降だと思う。令和という、まだまっさらで何のイメージもない時代がどうなるのかは分からない。平成の延長線上にありながら少しずつ変わっていくのかもしれないし、なにか大きな出来事が起きるかもしれない。一年が終わることよりもよっぽど重大なのに、この大晦日のような妙な見送りムードがしっくり来ない。元号が変わることで何が変わるんだろう、と思ってしまう。けれども、一つの区切りになることは確かなのだろうな、と思う。

平成の26年で学んだことを、次の時代に活かしたい。まだやりたいこともあるし、やれていないこともあるし。時代が変わったからといって自分まですぐに変わってしまうわけではないけれど、こういう機会に乗じて、気持ちを新たにしてみるのもいいな、と思った。どんな時代になろうとも、自分らしく生きていきたい。自由で平和な時代に生まれて良かった、という気持ちとともに、新しい時代を迎えていきたい。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。