MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

リスタート

f:id:kewpiedesign:20190331192342j:plain

服薬治療を始めて1ヶ月ほどが経った。ひとまず最少量から様子を見るということで、薬への不安や恐怖を取り除くためのリハビリとして一番少ない量から服用しているのだけれど、特別何かが劇的に変わったわけではない。もともと効き目がマイルドな薬ということで、変わっているのか変わっていないのか正直分からない。でも少しずつ以前よりも自分の感情に余裕が出てきている気がする。

今まで特に理由もなく猛烈な不安を感じることが度々あったのだけれど、それがかなり抑えられてきた気がする。ぼんやりとした不安はあるけど、前まではかなり激しい不安がいきなり襲ってきていたのに対して、今は明瞭度の低い霧のような不安が度々現れる程度になっている。この「猛烈な不安」は不安障害になった人にしか分からないと思う。分かりやすく言うと、生きるか死ぬかの事故や災害に遭遇した時に感じる焦燥感や切迫感が一気に理由もなく襲ってくる感じである。「ぼんやりとした不安」というのは、なんだか不安のような気がするけど別に居ても立っても居られないほどではない、やり過ごせるような不安という感じ。ほとんどの人が経験して当たり前に自覚する程度のものだと思う。

薬を飲み始めて、ようやく自分は自分が苦しかったという感情に対して向き合うことができた気がする。その渦中にいる時は「別に死ぬわけでもない」と思って耐えていたけど、それよりも一段階楽な状態に降りてくると、あの時は辛かったんだなということがよく分かる。坂を登っている時は辛いと感じないけど、帰ってきた時にああ辛かったな、足が痛いな、と思う感覚に似ている。感覚というものはその状態にいる時はなかなか自覚できないと思っていて、何か区切りがついたり別のことを始めた時にようやく自分の中で腑に落ちてくる感じがする。そしてその時に初めて俯瞰で見ることができて、まとまった言語化が出来るようになる。

じゃあ、もっと薬を早く飲み始めていたら楽になっていたんじゃない、と言われると、自分でもそう思うし、判断を誤ったのかもしれない、とも思う。でもたらればを言っても仕方のないところもあるし、過去の自分の判断を今から変えられるわけでもなく、必死に自分でコントロールしようとしてきた経験は役に立っているので、これからは薬の力も借りつつ、今まで通り頑張って生きていきたいな、と思う。完全体になったわけでもなんでもないし、無理は効かないし、まだまだ不安定だけど、とりあえずリスタートの地点に立てたのだと思う。

4月から、ゆっくりだけどお仕事も再開していきたい。こんな自分でも出来ることがあれば、ぜひお手伝いさせていただきたいと思っているので、どうかよろしくお願いいたします。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。