MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

自分が病気をオープンにしている理由

f:id:kewpiedesign:20190202224539j:plain

何度も記事でも触れているし、普通にプロフィールにも書いているのだけれど、自分は3年前からパニック障害という持病を患っている。パニック障害の説明については割愛するのだけれど、持病を発症した当時から個人的な考えでパニック障害であることをオープンにしていて、3年目というありがたくもない節目を迎えることもあって、なぜ持病をオープンにするのか、オープンにしたことで得られたことなどを書いてみようと思った。

なぜオープンにするのか

単純に隠しているのがしんどかった

もともと何かを隠している状態を持続させるのがあまり得意ではなく、病気を発症した時もTwitter「パニック障害になりました」というタイトルのブログ記事のシェアとともにツイートしていた。また、当時働いていたバイト先の人たちにも、休養をする理由に病名と現在の病状を添えてFacebookで報告をした。病気を理解してほしいというよりも、自分は今これこれこういう状態であるということを分かってほしい、という気持ちがあったのだと思う。

ちなみにブログで病状の経過なども書き残していて、これは当時よりも今になって非常に役立っている。普通に日記などでもいいと思うのだけれど、自分は日記は続かないので書き慣れたブログで書いていた。当時バイトを休養している状態だったのだけれど、結果的にバイト先の人たちにも自然と共有しているような状態になり、これはこれで良かったのではないかと思う(自分一人の主観的な話であって、捉え方は人によるのでなんとも言えない部分があるのだけど)。

発症当時のブログ

自分の状態を把握してほしい / 把握できる

私はこういう病気なんです、という記事を書いても、恐らく一瞬は気に留めてもらえると思うのだけれど、だいたいの人は忘れてしまうのではないか?と個人的に思っていて、当事者にとって病気は一瞬ではなくずっと持続していくものなので、良い状態ばかりではないし悪い状態ばかりでもないしムラがある、という一番理解しづらい状況を理解してもらうには、普通にそのことを継続的にオープンにしていく方が良いのではないかと思った。これは普通の人の体調でもそうだけど、良いことばかり呟いていると本当にそれしかないと受け取ってしまう人が結構少なくないのでは、と思っている。意図的にしているわけではないけど、かなりフラットというか、普通の気持ちで体調が悪い、しんどい、調子が悪い、というツイートをしている。

Twitterにそういった類のツイートをしていると、ブログでもそうなのだけれど後から見返したときに非常に便利で、定期的にローカルにツイート履歴を保存し、体調が悪くなった時期に検索してどういう状態だったかを振り返る、という風に記録ツールの一環として使っている。自分はインターネットが一番使いやすいからそうしているだけなので、ローカルのメモでも、手書きの日記でもなんでもいいと思う。

オープンにしてよかったこと

得意 / 不得意が明瞭化される

ブログやTwitter*1で言語化をしていくうちに、自分はいったい何が得意で何が不得意なのかが明確に見えてくる。元来の性格・気質的なものもあるし、以前は得意だったけれど病気によって一時的に不得意になっていることもあり、それらを言語化していくことで必然的に自己分析が出来るようになったのだと思う。自己分析が得意になったことで、自分に向いている仕事の依頼が来るようになったり、デザインや物事の言語化が得意になったりと思わぬ副次効果があった。言語化については自分は元々あまり得意ではなく、この過程を通じて得意になったという部分が大きい。わざわざ通らなくてもいいトンネルを通っている気もするけれど、最初から最後まで真っ暗だと思っていたトンネルの出口に思わぬ収穫があったというか、そんなところだろうか。「パニック障害は神経質な人は避けては通れない病気です」とどこかのサイトに書いてあって、その説明が自分にはしっくり来る気もした。

自分を理解してくれる人が増える

前述のように、もともと何かを隠していることが苦手だという事もあったし、人からの依頼を断りきれずに自分で抱え込んで自滅するタイプの人間だったので、その上に病気まで隠していては自分で自分を苦しめていくだけだと思った。なのであえて堂々とオープンにしていたところ、病状を理解してくれる人や、理解した上でお仕事を依頼してくださる方が現れて、かなり精神的に楽になった。また、同じ病気を抱えている方から「持病をオープンにして仕事をしている方がいることを知り安心した」という旨の感想を何度か頂いたこともあった。追い込んで苦しくなるよりも、ゆっくりと自分に出来ることをやっていく方が今は向いていると思うし、また病状が良くなったら走り出せばいいのだと思って、出来るだけ今は自分が楽だと思えるペースを優先している。


最初こそ、「自分はなんで頑張りたい時にこうなるのか」「いつ治るのか」「なぜ人と同じことが出来ないのか」「どうして大事な時に踏ん張りがきかないのか」と自分を追い詰めてしまっていたのだけれど、長い目で見て、前述のような言語化など病気によって得られたことも大きく、一概に病気を邪魔者扱いできないなと思うようになった。病気の種類や症状にもよるけれど、少なくとも自分の場合は苦しいことと同じくらい得られたことがあった。だからといって苦しくない病気ということではないし、特に今の時期は季節的にかなりしんどいのだけれど、病気の存在によって自分を否定的や悲観的に捉えてしまっている人がいたら、決してそれだけではないということを伝えたかった。病気によって得られたことを自分の長所として取り込んでいけばいいのだと思う。そう考えるだけで最近は随分と生きやすくなった。

あくまでも自分の主観本位の記事なのですが、少しでも自分と同じように悩んでいる方の参考になれば幸いです。

また、自分が辛い時に読んで個人的に参考になった記事も貼っておきます。

あなたは「不安神経症」(後の「パニック障害」)です。この病気は天才がなる病気ですよ。「治らないほうがいいですよ。小説を書けなくなります。病気があなたを作家にしたんですよ」って。

「広場恐怖症や不安障がいを抱えているとまず旅行には行けません。だから私は別の方法で世界を見ることにしたんです。」

過去の僕に戻りたいとは思わない。 - ほぼ日刊イトイ新聞

味方が増えるって感覚はすごくわかる。
この病気になったことで知れたことがあったり、
今日のこの場もまさにそうだけど、
新しい出会いがあったり。

*1:繰り返すのだけれど、自分にとってはこれが最適であっただけで、人によって向いているツールは違う

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。