MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

アイドルに導かれて人生を歩んできた

f:id:kewpiedesign:20190128170917j:plain

昨日、嵐が活動休止を発表した。理由はテレビで報道されている通りで、大野智さんが一度自由な生活をしてみたいという、とても普遍的なものだった。それならと、他のメンバーも大野さんに寄り添う形でグループとしての活動を一時休止するという、何よりもグループとしての在り方にこだわる人たちらしい、考えに考え抜かれた決断だった。

自分が嵐を好きになったのは2007年の2月、中学3年生に進級する前の冬だった。当時の自分はある事がきっかけでPTSD的な症状に悩まされていて、精神的にどん底だった。夜は眠れず、昼間は何をしていてもその事が頭から離れず、とても辛かった。基本的によほどの事がない限り睡眠の悩みとは無縁な自分が、その時は1ヶ月間全く眠れなかった。

そんな時、松本潤さんが出演しているドラマ「花より男子2(リターンズ)」の主題歌である「Love so sweet」をたまたま聴く機会があった。それまで嵐の存在は知っていたけれど、男性アイドルに苦手意識を持っていて女性アイドルに傾倒していた自分の価値観を変えるような、歌詞が耳に残る名曲だと思った。名曲というか、その歌詞に自分が救われていたのである。嵐の曲を聴くようになってから寝つきが良くなって、辛い事をだんだんと忘れる時間が多くなっていった。それと同時に、嵐にのめり込んでいった。

初めて修学旅行で東京に行った時、頭の中のBGMは嵐の「素晴らしき世界」だった。「嵐がいる東京だ!」という、色んな意味で中学生らしい感想しか出てこなかったのを覚えている。人生初の大一番である受験を受ける時、入試の本番当日に親に車で送ってもらった時に聴いていたのは嵐の「Step and Go」だった。入試が終わって、脱力した受験生を待ち構えるかのように校門で見知らぬお兄さんが配っていたのは「auの庭で。」という、嵐が出演していたキャンペーンのパンフレットとティッシュだった。入学した高校で、一番最初に出来た友達は嵐が好きだった。初めて人にDVDを貸し、CDを貸してもらった。人見知りで対人恐怖症な自分が、嵐がきっかけで人と会話ができた。これからの自分に悩んだ時、参考にするのは就活のための参考書ではなく、二宮和也さんや嵐が雑誌で語っている言葉だった。「やりたいかやりたくないかじゃなくて、やるかやらないか」、これは二宮さんが口癖のように言っている言葉で、こんな考え方が出来る大人になりたいとすら思った。自分の人生のヒントになるような言葉が、いつもそこらじゅうに散らばっていた。

なんとなく親に甘えてしまっているなと思いながら過ごしていた19歳の時、二宮さんが主演を務めた「フリーター、家を買う。」を見て、「こんなんじゃダメだ!」と思って社会に対しての苦手意識が強い自分を奮い立たせ、バイトを始めることができた。せっかく続けられていたバイトを自分の体調が原因で休まざるを得なくなって、悔しさや辛さでいっぱいになっていた時、嵐の曲が自分の心身を浄化してくれた。病気の発作が出て、辛いけど耐えなければならない時も、嵐の曲を聴いてなんとか乗り越えた。いつのまにか嵐の曲が自分の日常のBGMになっていた。

自分がWebデザインの勉強を始めて、デザイナーになりたいと思ったのはモーニング娘。のファンサイトを見たことがきっかけだった。デザインをしたいと思った理由はアイドルを応援したいからだった。そのおかげで、一生これで食べていきたいと思える職業に出会うことができた。今までの人生のきっかけは、全部アイドルに作ってもらっているのである。「全ての道はアイドルに通ず」という意味で、idorootという名前のアイドル情報ブログを作ったこともあって、その時はさすがに狂信的すぎるかな、と自分でも思ったのだけれど、でも事実なのである。人生を振り返った時に、アイドルという趣味から全てが始まっているのである。

自分もここ何年かで歳を取って、だいぶ落ち着いた考え方が出来るようになってきたな、と思ったタイミングで、大野さんは「一度何にも縛られない自由な生活がしてみたい」と言った。今の自分の身にもつまされるような発言で、これが自分が高校生か大学生の頃だったら、自分の考えが強すぎて嵐の決断を到底受け入れられなかったかもしれない。でも、今の自分は受け入れられる。これは嵐と一緒に自分が歳を取ってきたからだ。「嵐だって人間なんだから仕方ないよ、自分も休みたいもん」と思えるようになったのである。自分もただの人間だから、マイペースでしか仕事ができない。そういう経験と重なったのかもしれない。

2021年以降の嵐の未来は誰にも分からないけれど、「過去が未来を照らしてく」という歌詞が嵐の「Daylight」という曲の中にあって、過去の嵐が未来の嵐を作っていくのだと思う。活動休止も活動再開も、どこかの延長線上にあるもので、突然現れるものではない。今まで自分が歩んできたものがこれからの自分を作っていく、そういったものを考えさせてくれる。

タイトルの「アイドルに導かれて人生を歩んできた」という言葉は、自分にとってちっとも大げさではない。たまたま、自分が好きなものの延長線上にやりたい事があったのである。だから、自分の人生とアイドルは密接にいつも結びついている。単なる趣味とは思えないほど、自分の人生に大きな影響を与えている。もちろんそればかりじゃないし、視野が狭いかもしれないと自分でも思うのだけれど、否定できないし、否定しなくていいんじゃないか、と思う。何度も言うけれど、事実は事実なのである。

これからも、色々なアイドルを見ながら自分の人生を送っていくのだと思う。その中で、嵐というグループに出会えて本当に良かったと思う。決して今が最後ではないし、でもたまには立ち止まって振り返ったっていい。いつか笑ってまた5人と再会したい。その時に、自分も自分らしくいれればいいな、と思う。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。