MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

自分はHSP(Highly Sensitive Person)なのではないか

f:id:kewpiedesign:20180902222400j:plain

前回の記事からの続きになるけれど、年末からの落ち込みの原因がどんなに考えても自分では分からない。「こう思ったから落ち込んだ」という理由は書いたけれど、「どうしてそういう思考に至ったのか」が分からない。分からないが故に「季節性の鬱だろう、冬だから調子が悪いのではないか」とか適当な推測をしてしまっていたのだけれど、もっと別のところ、自分の気質的なものに原因があるんじゃないか?と思い始めてきた。

今の自分の状態に当てはまるものはないか検索していると、HSP(Highly Sensitive Person)のセルフチェックに行き着いた。HSPという単語自体は1年くらい前に聞いたことがあって、似ているな、もしかして自分もそうかもな、程度に捉えていた。なんとなくセルフチェックをしてみると、ほぼ全部の項目に当てはまっていて、「自分はこれなのでは?」となんとなく腑に落ちた。

ハイリー・センシティブ・パーソン(英: Highly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの造語で言えば生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている。物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを成し遂げるよう要求されると混乱するという性質を持つ。

ハイリー・センシティブ・パーソン - Wikipedia

感受性が高いと人から言われた記憶はあまりないし、むしろ家族からは「図太いね」と言われるのだけど、恐らくそれは家族に自分の内面を話したことがないからだと思う。悩み事なんかを相談すると「見た目と違って繊細なんだね」と言われたことはある。ブログの文章の方が内面が出ているらしく、記事を読んだ人からそういうことを言われたりはする。

一番思い当たったのが「大きな音が苦手」「人の機嫌に影響される」といったところで、小さい頃から人が怒られるのを見ているのが怖かったし、自分が怒られることに対しても、ほんの些細なことなのにダメージが大きかった気がする。人が不機嫌になっているのを見ているのが嫌で過剰に反応してしまうこともあった。例えば家族が買い物をする時に、1万円を超えそうにならないかヒヤヒヤしながらレジの金額表示を見ていて、「また1万円も使ってしまった」「またこんな高い買い物をしてしまった」と不機嫌になられるのを見ているのが怖かったのである。音に関しては、花火の音なんかは大の苦手で、小さい頃にハウステンボスに行った時には花火の音を聞いて恐怖のあまり号泣した覚えがある。その影響なのか今でも花火の音は苦手だし、雷の音や光も嫌いである。遊園地も苦手で、22歳の時に行ったナガシマスパーランドを見るなり出た感想は「怖い」であった。都会に行くと音や光の刺激が強すぎて泣きたくなるので、無駄な騒音や物音が少ない田舎は向いていると常々感じることもある。

そうした小さい頃から不思議に思っていた部分が、点と点が繋がって行くような不思議な感覚があった。HSPだからどうこうという話ではないかもしれないけれど、自分の特性の一つとして捉えておいてもいいかもしれないと思った。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。