MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

スタートライン

去年の年末、なんだか分からないけどすごく落ち込んできて、自分がやってきたことが急に虚しく思えてきて辛かった。新年が明けてもその気持ちはあんまり変わらなくて、昨日あたりからちょっと上向いてきたかな?というくらい。それでも仕事にはなるべく影響させたくなくて悩んでいた。

原因は分かっていて、多分煮詰まりすぎているので外に出た方がいいんだと思う。一応運動はするようにはしてるんだけど、そうじゃなくてもっと広い範囲に出た方がいい。病気の症状が外出中に起きるものが多いのでどうしても家に居たくなってしまうけど、不安とは裏腹に体は外の空気を求めているので加減が難しい。

そんなことを考えて悶々としていたら、母が福知山でやっているギャラリーを見に行きたいと言うので一緒に見てみることにした。場所は市民交流プラザふくちやまという、福知山駅の前にある場所で、3年前に自分一人で行ったことがある。福知山には今こういった居心地のいいスペースがたくさん作られていて、少し羨ましくもある。都会と田舎のいいとこ取りというか、上手くバランスを作ろうとしている。

今まで自分が行った場所の中で「また来たい!」とか「いつ来ても発見がある!」と思える場所があって、この場所と京都駅はそのひとつ。建築デザインには詳しくないのだけれど、見るべきところが多くて、勝手にアドレナリンが出てくる感じ。用事を済ますためだけじゃなくて、その他の目的も勝手に作られてしまうような魅力のある場所だと思っている。

f:id:kewpiedesign:20190107223300j:plain

f:id:kewpiedesign:20190107223400j:plain

f:id:kewpiedesign:20190107223543j:plain

f:id:kewpiedesign:20190107223305j:plain

美術館や資料館ではないのだけれど、壁面に福知山の歴史を載せることでそんな存在にもなれるようなデザイン。

f:id:kewpiedesign:20190107223524j:plain

f:id:kewpiedesign:20190107223529j:plain

f:id:kewpiedesign:20190107223255j:plain

一番好きなのは図書館のデザインなのだけれど、館内は撮影禁止らしい。多分、本の中身を撮影されるのを防ぐためだと思うので、一声かければ全体は撮らせていただけそうなんだけど…と思っていたら今日は休館日だった。なので吹き抜けから少しだけ。

f:id:kewpiedesign:20190107223250j:plain

f:id:kewpiedesign:20190107223356j:plain

本来の目的であったギャラリーももちろん良かった。あんまり絵画とかを見る機会も多くないのだけれど、こういう機会は大事だなぁと。田舎には美術館が少ない代わりに、普段の風景が絵画みたいだと思う機会はいっぱいある。でもやっぱり物を作る立場なら、そういった過程や結果を見た方がいいんだろうな…と最近自分の視野の狭さを痛感させられる。こればかりは都会に住んでる人には敵わない…。京都でバイトをしていた頃、dddギャラリーに「nippon no nippon」を一人で見に行ったのを思い出した。

f:id:kewpiedesign:20190107223654j:plain

この場所は立地が素晴らしくて、駅前だから遠方の人からのアクセスもよく、階段からは福知山市のシンボルである音無瀬橋や福知山城を一望できる。どっちも見られるのはなかなか贅沢な話。左手に見える白い橋が音無瀬橋で、右手に見えるのが福知山城。冬の福知山は空気が澄んでいて良い。

f:id:kewpiedesign:20190107223411j:plain

駐車場まで出ると、高架を通る電車を見ることができる。この写真には写っていないけれど、夕方ということもあって哀愁のある雰囲気。

f:id:kewpiedesign:20190107223105j:plain

一通り市民交流プラザを満喫した後、普段は車ばかりでなかなか行く機会のない福知山駅にも行った。電車も病気の症状ゆえに長らく乗っていない。自分にありとあらゆる活気があったころ、丹鉄に乗って天橋立まで行ったのを思い出す。ザ・ローカル線という感じで趣がある路線なので、また調子が良くなったら行きたい…。行きたい場所はいくつもある。多分それは良いことなのだと思う。

f:id:kewpiedesign:20190107223116j:plain

f:id:kewpiedesign:20190107223120j:plain

f:id:kewpiedesign:20190107223112j:plain

近所の神社に初詣にも行って、それだけで年末からの憑き物が落ちたような気分になった。やっぱり一息つくのは大事なので、煮詰まっている時ほど外に出て景色を見るべきなのだなぁ、と思う。今年は今まで見てきたものを再確認しながら、新しいものも取り入れていけるような一年にしたい。改めてスタートラインに立ったような気分です。こんな自分ですが、今年もよろしくお願いいたします。

f:id:kewpiedesign:20190107223534j:plain

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。