MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

山山アートセンターというプロジェクトに関わって感じたこと

f:id:kewpiedesign:20181203163440j:plain

今日、「山山アートセンター」という、自分がWebデザイナーとして関わったプロジェクトのサイトが公開されました。コンテンツはまだまだ作っている途中で、今のところ完成系は見えていないけれど、ある程度の体裁としてまとまってきたので公開となりました。

山山アートセンターとは、福知山市の三岳地区を中心に、京都府北部〜広く山陰地域=「このあたり」、また世界中の山が見える場所を拠点に横断的にアート活動を展開するというプロジェクトで、京都の山奥で小ぢんまりと活動しているようで世界中に繋がりを持つという特性を持っているので、サイトも多言語対応をする必要があって、各国のありとあらゆる言語を通してサイトを見れるようになっています。この経験を通して、自分は初めてロシア語がこんなに横幅を取る言語だということを学びました。

このお話を頂いたのは今年の夏頃の話で、これまでの活動をまとめた冊子なども見せていただいたのですが、今まで自分にとって馴染みのある地域である福知山でこういった活動が行われているということを知らなかったので、どこか異世界のようにも感じて、だけどaboutのページにもあるように、「どこか他人事ではない」という言葉がとてもしっくり来るというか、よそのことのようだけどよそのことではない、そんな雰囲気を全体に纏っているな、と思いました。テレビで田舎を旅する旅行番組なんかを見ていると、どこかで見たことのあるような風景が飛び込んでくることがあって勝手に親近感を感じたりするけれど、少しあの感覚に近いというか似ているとも感じたり。

福知山の三岳地区という、福知山市の中心部から少し離れた標高の高い地域でこういった活動をされていると知ってから、福知山に行くたびに山を見るようになり、その周りをぐるりと見渡してみると本当に自分の住んでいる地域は「山山」なのだと気づいた。山、山、山、山、地続きならぬ山続きで、山が途切れる場所はなく、普段Macと睨めっこばかりしている生活から少し目線を上に上げてみるとこういった感覚になるのだな、と思った。京都府北部〜広く山陰地域=「このあたり」という言葉通り、山が繋がってさえいれば「このあたり」なのだ、という謎の共通認識が生まれて、疲れていたり落ち込んだりしている時に山を見ると、なんだか救われるような気持ちにもなった。

この案件の作業をしている時、NGT48の「世界の人へ」という曲が持つ雰囲気がなんとなく山山アートセンターのそれと似ている気がしてずっと聴いていたのだけれど、この世に存在しているものをインターネットという媒体を使って伝える、そんな仕事をしているのだと改めて感じた。例えばアイドルだとテレビだったりコンサートだったりインターネットだったりするけれど、自分のそれはインターネットなのだな、と。

福知山の山奥で行われているこのプロジェクトが、山のない場所、山のある場所、色んな場所に伝わればいいな、ということを考えながらサイトを作っていました。じわじわとこのプロジェクトがサイトを通して世界に広まっていけるといいな、と思っています。自分の出来ることはほんの微力なのですが、その力を持ち寄って、一緒に発展させていけたら、と。まだまだですが、これからよろしくお願いします。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。