MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。写真とアイドル、自然が好き。物心ついた頃から、田舎の自然に囲まれて育ったので、田舎の風景が好きです。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

人気アイドルの喜びと苦しみ。連続ドキュメンタリー「RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~」を見た

昨日から始まったフジテレビのドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME〜時が奏でるリアストーリー〜」の初回を見た。初回から4週連続でアイドルグループ「King & Prince」が特集されるとのことで、デビュー前から一アイドルファンとしてキンプリが気になっていた身としては見るしかない内容だと思っていた。

残念ながら関西地方でのオンエアがなく、一体どうしたものか…と落ち込んでいたところ、民放テレビの見逃し配信をしているTVerで無料配信をしていたので無事に見ることができた。ジャニーズのドキュメンタリーが無料で配信されるような時代になったんだなぁ。

オンエア前に公開されていた予告動画があるのだけど、そこの部分だけ見るとだいぶ物騒というか、メンバー内の人間関係の状況が映し出されるものになっていて、見ていて結構ハラハラした。デビューしたばかりのグループだから色々と予期せぬことはあると思うけど、持っている雰囲気がどことなくデビュー当時のKAT-TUNを彷彿とさせた。楽曲とかの方向性は真逆だけど。

見る前の感想はそんな感じだったのだけど、初回を見ると、デビュー前の記者会見からデビューイベント、ファンクラブイベント、リリース記念イベントの映像が時系列に沿って流れる中で、途中途中にメンバーのソロ映像が差し込まれていた。

キンプリはデビューしたばかりにも関わらず人気アイドルグループの仲間入りを果たし、関連する書籍が飛ぶように売れている。2年前に発売された写真集も重版を繰り返し、ありとあらゆる数字が軒並み上昇している。その分メンバーの重圧は大きくなり、今回は不安やプレッシャーと戦う様子が大きく映し出されていた。平野紫耀くんはCDデビューと連続ドラマの初出演が重なり、慢性的な睡眠不足に悩まされていて、少しでも時間があると眠たくなってしまう。曰く地元の名古屋と東京では睡眠の質が異なるらしい。グループ内でも飛び抜けて露出が多いが故の悩みなのかな、と思った。

髙橋海人くんはCDデビューをすることに対しての不安と周囲からの期待の重圧が大きく、夜に寝ようとすると理由もなく涙が出てくると言っていて、こちらにまで伝わってくるような情緒不安定さを感じた。現在はどういう状況なのか分からないけれど、少しでもその状況が改善されていればいいなと思う。絵と少女漫画が好きなことがきっかけで、アイドル活動と並行して漫画の連載も始まり、平野くんとはまた違った忙しさに悩んでいる様子だった。

印象的だったのは、平野くんが地元・名古屋の川沿いで語っていたシーンで、意外なほど重々しい言葉が次々と出てきて驚いた。

「昔から人を守るのが好きで、結構守りたがっちゃうんですよね」

「直接人を助けれるから陸上自衛隊に入りたいと思っていて、もうパツッと(仕事を)辞めて自衛隊に入ろうと思っていたけど、事務所の人にすごく素敵な言葉で止めていただいた」

「被災地の瓦礫の撤去とかの身体面で助けることはできないけど、俺たちを見たファンの人がまた明日から頑張ろうと思ったり、そういう精神的な面で助けてあげることはできると言われた」

このシーンの前に平野くんの生い立ちについての説明があり、それによると母子家庭の環境で育ったらしい。番組内では出てこないけど、雑誌などでの発言を見るとお母さんが病気だったり、自分も生まれた頃に大病をして生死の境を彷徨っていたり、おばあちゃんに育てられたりと、今までかなり波乱万丈な人生だったのだと思う。「人を守りたがっちゃう」という発言は、そういったバックグラウンドから来ているものなのだろう。

その発言だけでも意外に思っていたのだけれど、次の発言はかなり衝撃的だった。

「でも本当に、最近僕の身内とか友達とかでも死んじゃった人が多いので」

「すっごい死んじゃうんだもんなぁ…」

「だから僕、結構コンサートの最後とかで死ぬなよ!って言うこと多いんですよ。コンサートで例えば僕と目が合わなくても、僕を見てくれてる人とか僕と関わった人はなるべく死なないでもらいたいなというのが多いですね」

アイドルは人に元気を与えられる、という曖昧なニュアンスでの発言ではなくて、直接人の生死に関わる発言を聞くことになるとは思わなかったので、予想外のダメージがあった。平野くんという人は屈強さと儚さを併せ持ったような人であり、何を考えているのか掴みどころがなく、スーッと消えていきそうな人だと思っていたのだけれど、今回の発言で自分がその印象を持っていた理由が分かった気がした。人の生死の経験は人格を変えてしまう。自分も2年前に身内の死を経験しているので、なんだか他人事ではなく、余計に平野紫耀という人にシンパシーを感じてしまった。

初回の時点でびっくりするほどに見応えがあったのだけれど、4週連続ということでもはや展開が読めない。アイドルとしてというより、6人の人間が一体何を考えて何をしようとしているのか、という意味で色々と気になってしまうドキュメンタリーだと思った。アイドルに興味のない人にこそ見てほしい番組ですね。

同じようなドキュメンタリーでは、乃木坂46の悲しみの忘れ方という映画があるのだけれど、美しいルックスとは裏腹にこちらは悲壮感が強く、自己肯定感の低さが浮き彫りになるシーンが多くて、自分の中での乃木坂46の印象が180度変わる映画だった。こちらも機会があれば是非。

2週目の予告もすでに公開されていた。来週以降も気になります。

2ndシングルももうすぐリリースなので、こちらも買いたいと思っています。この番組を見た後だと曲の解釈が変わってしまいそうで、良いのか悪いのか…。

Memorial(初回限定盤A)(DVD付)

Memorial(初回限定盤A)(DVD付)

 

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。