MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。写真とアイドル、自然が好き。物心ついた頃から、田舎の自然に囲まれて育ったので、田舎の風景が好きです。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

2年ぶりにアイドルと会えた日

f:id:kewpiedesign:20180527223617j:plain

福知山のご当地アイドル、Happy3daysの定期公演に行ってきました。

Happy3daysは、私が2年前からずっと応援しているアイドルで、元々自分が住んでいた街にアイドルが誕生すると聞いた時はすごく嬉しかったし、どんなアイドルが出来るんだろう?と思ってワクワクしていました。その後メンバーが発表されて、Twitterでいいねをしたり、リプライを送ったりして、少しずつその子たちに興味を持ち始めました。

2016年の6月、そのアイドルが初めてお披露目されると聞いて、福知山に姉と2人で見に行きました。まだ皆初々しくて、アイドルというよりはこれからアイドルになっていく子たち、という感じで、すごく可能性を感じていました。そんな初期段階をこの目で見れるのってすごく幸せだなあ、と思いながら。お披露目の後の握手会で、名前を言うと皆「キューピーさん(Twitterのハンドルネーム)だ!」と分かってくれて、すごく喜んでくれて、それがとても嬉しかった。

その後、初めての定期公演が決まったのだけれど、当時はまだ体調が不安定でなかなか見に行けず、持病の特性上、閉鎖された空間に長時間いるのが苦手ということもあって、なかなかライブに行く勇気が持てずにいました。口だけで全然行けないのが嫌になったりして、でも応援したかったので、CDを買ったり、今まで通りリプライを送ったり、TwitterでHappy3daysについてツイートしてみたり、自分の運営しているアイドルブログで紹介したりしていました。あと、自分の参加している地域のポッドキャストでも触れたりとか。他にも、自分がデザインをしていることをメンバーの子たちが把握してくれていて、ラジオで「いつかコラボしてみたいね」と言ってくれたこともあります。それを聞いた時は嬉しすぎて何回もその部分だけ巻き戻して聞いたりしました。

そんな状態が続いて、「いつになったら自分はライブに行けるのだろうか」と自分の中でもモヤモヤしていたのですが、一緒に応援している姉が「定期公演に行きたい!行く!」と言い出して、その熱意に乗っかる形で、物は試しに行ってみよう、と決意しました。自分一人では決断できなかったので、姉がヒートアップしてくれて良かったです…。

初めてのライブハウスに、そもそもライブの経験自体あまり多くなく、不安要素がいっぱいでした。まず、先述のように、持病であるパニック障害という病気の症状の特性ゆえ、人の多い場所や密閉された空間、コンサート会場などを避ける人がとても多いです。途中で具合が悪くなったらどうしようと不安になる人が多く、自分もその一人でした。そのため、場所やライブハウスのキャパなど、出来る限り不安を解消できるように、サイトや動画を見て片っ端から調べてみたり、不明な点はファンの人に聞いたりしていました。親切なファンの方のおかげで、開演時間から終演時間のだいたいの目安を知ることができ、また定期公演の動画を見て雰囲気を掴んだりしていました。

始まる前は不安でいっぱいでしたが、思い切って実際に行って見て思ったのは、「思ったよりも足を踏み入れやすい」ということ。最初こそ、怖気づいて「ちょっとダメかもしれない…」と思ったのですが、ファンの方々が非常に親切で和気あいあいとされていて、その空気に触れて緊張が緩んだのが分かりました。少し表現がおかしいかもしれませんが、「町内会のような雰囲気」というと伝わるのでしょうか。一番近い雰囲気はそれだな、と思いました。年齢層もご家族連れから老夫婦の方、若い女の子やお兄さんと様々で、「こんなにリラックスしてていいんだ〜」と思えて、「大丈夫かもしれない」という気持ちが生まれました。

開演して、登場してきたメンバーを久しぶりに見た時、「やっと会えた…!」と思いました。2年の月日というのは結構大きくて、動画でハピスリを見るたびに、皆どんどん成長していて、置いてけぼりにされているかもしれない… と妙な寂しさがあったのですが、皆いい意味で変わっていませんでした。もちろん変わっている部分もたくさんあったし、皆あの時よりも可愛くなっていて、自信がついたのも目に見えて分かったけれど、2年前に見た時と印象はあまり変わらなかったです。

初めてのライブハウスの大きな音が、昔から爆音が苦手な自分には結構堪えたらしく(緊張でそのことを忘れていた)、途中で抜けざるを得ない部分も何度かあったのですが、力強い歌声を聴くたびに、自分も一歩踏み出してみようと思えたし、今日は一歩踏み出したからこれを聴けているんだな、と思うと感慨深い気持ちになりました。2年前に会った時はまだ持ち歌なんてなかったから、余計にそう思いました。動画で見るよりも全然、訴えかけてくるような迫力がありました。

何もせずに否定してたんだ
失敗を恐れては逃げてたんだ

「プログレッシブ」のこの歌詞が、本当に今の自分のようで、これ以上共感できる歌詞はないな、と思いました。

ライブが終わった後、握手会の列に並んで、2年前と同じように「キューピーです」と言ってみたら、皆やっぱりちゃんと覚えてくれていて、あの時と変わらないリアクションが返ってきて、すごく嬉しくなりました。「見た瞬間から分かったよ!」って言ってくれたり。「Twitter見てます!」とか、「体調大丈夫だった?楽しめたかな?」とか、すごくこちらを気にかけてくれていて、ああやっぱり優しい子たちだな〜好きだな〜って思いました。たくさん動いた後で、皆の手がポカポカしていて、緊張して冷たくなっていた自分の手が温まっていくようでした。緊張で、思うこともいっぱいあった分何も喋れなくて、ただ「楽しめて良かったです!」って言うことしかできなかったけど、握手会まで参加できて良かったな〜と思いました。

メンバーの子たちも皆優しかったけれど、ファンの人がわざわざ「キューピーさんですか?楽しめましたか?」って聞いてくださったのもすごく嬉しかったし、スタッフさんも皆暖かい空間で、地元にこんな空間が出来ているのって単純に嬉しいなと思ったし、もっとこの心地良い空間を広めていかないとな、って思いました。今これを書きながらどっと疲れて眠くなっているくらい、温かくて充実感のある1日でした。こんな気持ちはいつぶりだろうな。ちょっと昔に戻れたような、そんな感覚です。

最後に一つ。2年前に会えて、今日は残念ながら会えなかった、ゆいちゃんこと荒川唯香ちゃん。彼女は来月でグループを卒業してしまうのですが、ハピスリを離れても、私はゆいちゃんの歌声は忘れないし、今までのハピスリの楽曲には全部ゆいちゃんの声が入っているので、その声をずっと聴き続けます。私が最初に会ったハピスリは6人で、その後は5人で、今後は4人で。寂しいことだけれど、受け入れて前に進んでいく4人を見て、勇気を貰いました。

ありがとうと さよならを 何度も繰り返しながら
ここまで来たならもう 後戻りはしないよ

変わらない僕も 離れてく君も いつかは輝けるように
今までの過去も全て背負って進んでく 現在進行形

Happy3days - プログレッシブ

Happy3daysの皆、ありがとう。これからもずっと応援させてください。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。