MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。2016年に発症したパニック障害と付き合いながら、2017年12月からフリーランスとして活動を開始し、ペット×IT領域のスタートアップにデザイナーとして、地域のアートプロジェクトにWebデザイナーとして参画。写真とアイドル、自然が好き。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time
  • 2017.12 - Freelance

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20181122221804p:plain

ANICAL

2018, Logo

ペットとIT医療を軸にサービスを展開する企業「株式会社ANICAL」さまのロゴを制作。ANICALの頭文字であるAと心電図を組み合わせたデザインを提案させていただきました。「獣医業界で革新的なサービスを作り、課題を解決していく」というコンセプトを重視してデザインしました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

株式会社Withmal

2018, Logo

ペット領域を軸にしたスタートアップ企業「株式会社Withmal」さまのロゴを制作。犬のシルエットとwithmalのwをモチーフに、社名由来である「動物と一緒に世界中の人を笑顔にしたい」というコンセプトを汲み取りデザインをさせていただきました。

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

リデザインの記事を書いて学んだこと

昨日、乃木坂46の公式サイトのリデザインで学んだこと、という記事をnoteに書いた。内容は記事を見ていただけると分かると思うのだけれど、元々アイドルが好きなこともあって、趣味をメインにしたスキルアップのための勉強というか、自分のために書いたような記事で、人に見てもらうような需要はあまりないだろうと思っていた。とはいえ、せっかくここまで作ったんだしもったいないという気持ちもあり、返事は来ないだろうし、来たとしても無理だろう、と諦め半分で、乃木坂46の運営委員会に、公式サイトのコンテンツを掲載することの可否と、掲載したいと思う理由(個人的なスキルアップの一環で、公式サイトのリデザインを作って、ブログに掲載したいと思っていることなど)について問い合わせた。5日後、忘れかけた頃に運営からメールが来ていて、営利目的でなければ大丈夫という返信が返ってきた。それならと思い、作ったデザインや、自分用に書いていた意図のメモを大幅に書き直したのが金曜日の夜。公開した記事は、ネットのイベントや花金ムードで賑わうタイムラインの中、ちらほらと知り合いの方などにシェアをしてもらえたけれど、ニッチな需要というか、デザイン界隈で少しだけ話題になって終わる気がしていた。

日付が変わって、なんとなく早朝に記事を見てみると、思っていたよりもたくさんのブックマークがついていた。noteのスキや、ツイートへのいいねもたくさん来ていて、青天の霹靂というと大げさだけど、まさか、という気持ちになった。それから想定外の速度でブックマークが伸びて、最初はデザイナーの人たちだけだったのが、乃木坂46のファンの方に波及し、そこから一般の人たちにも見てもらえたようである。お昼ごろには、はてなブックマークのテクノロジーのカテゴリーに、自分の書いた記事が大きく載っていて、さらに驚いた。

ブックマークのコメントを見ると、リデザイン自体には概ね肯定的な意見で少しだけホッとしたけど、リデザインしたデザインへの賛否両論はやっぱりあって、それは単純に考え方の違いであったり、自分のスキル不足であったりするので、貴重なフィードバックを頂いている、という気持ちで目を通している。今の自分の環境は、会社で働いていた時のように当たり前にフィードバックが貰える環境にない。自分で動いて、自分で発信しないとフィードバックは貰えないので、自分の書いた記事が広まって、多くの人に意見をもらえるというのはすごくありがたいことだと思っている。自分が想定していない視点からコメントをいただけたことで、「そんな考え方もあったのか!」と意外に思ったりもした。「デザインの勉強になった」というコメントを見て、自分が勉強になったりもしていて、すごく良い連鎖が起きていると思う。一番多かったのは、「面白い」というコメントで、これもあまり想定していなかった。

それと同時に、自分が苦手としていた「デザインの言語化」についても考えさせられた。バイトでデザインを作っている時、言語化があまりにも苦手で、自分で作ったものを自分で説明できなくて、自分で説明できないものは当然他の人にも伝わるわけがなく、もどかしくて苦しかった思い出がある。それだけで時間を無駄にしてしまうことが多々あったのだけれど、今回の記事を書いている時は「これって、言語化できてるんじゃないのかな?」と思えた。きっと、リデザインをした対象(アイドル)への理解が重要で、今思えば自分がデザインに興味を持ったきっかけはアイドルであり、いつもアイドルの公式サイトやジャケットを見て、「もっとこうだったらいいのに」「こうすればもっと魅力が出るかもしれないのに」と思っていた。今でも、ついついそういった見方をしてしまう。こうした疑問は、対象を理解できていないと生まれてこないのではないかと思う。自分が無関心なものに疑問を持てと言われても、なかなか難しいと思う。

2018年が始まって、こうした自分の弱点に気がつけて良かったと思う。言語化が苦手なのではなくて、デザインをする対象への理解と咀嚼がきちんと出来ていないから言葉として出てこないのだと思うし、これからはもっとデザインをする対象への理解を深める努力をしていきたい。理解して、自分の中で咀嚼ができれば、きちんとした言語化ができるようになると思う。

自分が書いた記事に対してのアンサーのようなタイトルになってしまいましたが、このリデザインの記事で学べたことは大きくて、書いてよかったな、と思いました。これからも、自分の中で気がついたことはちゃんと形にしてアウトプットしていきたいし、それを発信していきたいです。

また、乃木坂46運営委員会の方々にコンテンツの掲載を許可していただかなければ、この記事は公開していなかったと思います。許可していただき、本当にありがとうございました。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。