MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。写真とアイドル、自然が好き。物心ついた頃から、田舎の自然に囲まれて育ったので、田舎の風景が好きです。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

田舎に住んでいるということ

f:id:kewpiedesign:20180125180634j:plain

物心ついた頃からずっと田舎に住んでいて、今のところ生まれてから現在まで、一度も故郷を離れたことがない。故郷を離れるかもしれないという機会は2年前に訪れそうになっていたのだけれど、タイミングが良いのか悪いのか、結局その機会は無くなってしまった。理由は持病の発病をきっかけに、実家に留まらざるを得なくなったからである。

こういう言い方をすると、故郷から逃げたかったけど逃げられなかった人、みたいに捉えられるかもしれないけど、そういうわけではなくて、むしろ地元は好きだし、離れたいと思ったことはない。ほとんどの人は進学や就職をきっかけに出て行ってしまうので、こういうケースは珍しいのかもしれない。バイトを始めた事をきっかけに、京都に住みたいと思っていたのだけれど、それは自分の地元から逃げたいとか、そういう気持ちではなくて、そろそろ独り立ちをしたほうがいいかな、という気持ちからだった。京都から地元を往復する日々で、地元に帰ってくると「やっぱりここの方が自分の性に合っているかもしれない」と感じたことも何度かあった。

最近は、過疎化の解消のための移住促進の活動なんかも活発になっていて、都会から田舎に移住してくる人も珍しくなくなったけれど、自分のようにずっと田舎に住んでいるという人は、若い人だとあまり居ないらしい。ずっと気づいていなかったのだけれど、「田舎にずっと住んでいる」ということ自体が、もしかして珍しいことなのかもしれない、と思い始めた。意識して住んでいるわけではないので、尚更なのかもしれない。最初は、田舎でしか順応できない人間なのかもしれない、とネガティブに捉えていたけど、最近は無理して都会に順応することはないのではないか、と思えてきて、田舎で順応できているのならそれでいいや、という考え方に変わってきた。都会で一生懸命働いている人からしたら、逃げている、と思われるかもしれない。けれど、それが自分の生き方なんだと思えるようになってきたから、自分の中で少しずつ何かが変化してきているのかもしれない。ずっと、「普通の人」や「凄い人」に憧れていたけど、最近はそれを少しずつ諦めつつあって、代わりに自分に出来ることを探し始めた。「出来て当たり前」という言葉にも、あまり縛られなくなった気がする。

若い世代の人が、田舎でずっと住み続けること自体が、珍しくない世の中になってもいいのではないか。なってほしいなあ、と思う。

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。