MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。写真とアイドル、自然が好き。物心ついた頃から、田舎の自然に囲まれて育ったので、田舎の風景が好きです。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

2017年、よく聞いた音楽

今年も、アイドルを中心に色んな音楽を聴いてました。むしろ、去年よりもアイドル比が高くなった気がする…。

去年聴いた曲などはこの記事に書いています。

SUN / 星野源

「恋」をきっかけに他の曲も聴き始めたのですが、この曲を一番聴いていたかもしれません。サビだけはずっと聞き覚えがあって、初めてフルで聴いた時、この人の曲だったのか!と思いました。イメージとしては、5月のよく晴れている日に聴きたくなる曲だな、と思っていて、快晴の日に散歩をしながらよく聴いてました。ちょうど早歩きくらいのテンポなので、BGMにぴったり。とにかく気分が良くなる曲。

地獄でなぜ悪い / 星野源

歌詞の世界観にすごく共感できて、調子の悪い時によく助けてもらった曲。病室で書いた曲というだけあって、這い上がり根性というか、そういうものをひしひしと感じる。絶不調の時にこの曲を聴いて、「今は地獄なんだから仕方ないや」って思うと、案外楽になったりします。

フィルム / 星野源

星野源率高めですが、上記の2曲とは違って、落ち着きたい時によく聴く感じ。滅入っている時に聴くと、歌詞が沁みるというか、労ってもらっているような気持ちになって、涙が出てきます。なぜか夜に布団の中で聴くことが多い。

ベステンダンク / アイドルネッサンス

原曲は高野寛さんの同名の曲なのですが、アイドルネッサンスバージョンはまた違った魅力があって、それがすごく良い。2月〜3月の雪解けの後のよく晴れた日とかに聴くと、澄んだ空気と相まって、なんとも言えない爽快な気持ちになります。風景と一緒に聴きたくなる曲って良いですね。MVも晴れた日に撮影されていて、見ているだけで気持ちがいい。

Funny Bunny / アイドルネッサンス

こちらもカバー曲ですが、アイドルネッサンスは原曲の良さを保ちつつ、自分たちの物にしてしまう力が凄いなあ、と思って聴いていました。MVの撮影地が多摩丘陵*1なのも良い。MVとか、どことなく洗練されていない感じが残っているのが、逆に持ち味になっていますね。

前髪 / アイドルネッサンス

投票はしてないけど、今年のアイドルソングの中で個人的には1位になっても良いのでは?と思うくらいの名曲。それどころか、今年のJ-POPの夏にリリースされた楽曲で1位になっても良いのでは?と思ってしまうくらい。アイドルネッサンスにとって、初めてのオリジナル曲の中の一つなのですが、とんでもない武器を出してきたな…と思いました。小出祐介さん、ありがとうの一言。アイドルだからと食わず嫌いをしないで聴いてほしい、とにかく名曲。

だけどユメ見る / ロッカジャポニカ

ロッカジャポニカはスターダストプロモーションのアイドルグループで、名前は聞いたことがあったのですが、曲を聞いたことがなくて、一番最初に聴いたのがこの曲でした。この曲はMVのクオリティが高いので、MVを見て聴いた方が味わい深いんじゃないかな、と思います。色々と現実に嫌気が差した時に、この曲をよく聴いていました。

始まりの街 / Happy3days

福知山市のご当地アイドルグループのファーストシングル。ご当地アイドルらしい、まだまだ慣れていない初々しさと、地域への愛情が伝わってくる良曲。個人的に、リリースされる前からよく聴いていたので、やっとリリースされた時、とても感慨深かったです。そして、「始まりの街」というタイトルが良すぎる。

 

始まりの街

始まりの街

  • アーティスト: Happy3days
  • 出版社/メーカー: 福知山ご当地アイドルプロジェクト ハピノマ
  • 発売日: 2017/02/26
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

一人じゃない / Happy3days

「始まりの街」に収録されている曲なのですが、王道J-POP、という感じでとても良い。MVが作られていないので、CD音源とライブの動画しかないのですが、動画を見る限りライブで聴くともっと良いんだろうな〜と思います。今年はこの曲の歌詞いっぱい勇気づけられました。

 

一人じゃない

一人じゃない

 
一人じゃない

一人じゃない

  • Happy3days
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

今なら期間限定で配信しているそうなので、是非!


今年はメジャーなアイドルだけでなく、ご当地アイドルの良さにも気づいて、「その土地ならではの音楽」とは何なのか、ということに気づけた年でした。今後もそういう開拓はしていきたいな。アイドル以外で気になるアーティストもいくつか聴いてみたのですが、今の自分にしっくり来るものや、何度も聴きたい!と思える曲はあまりなくて、星野源をひたすら聴いた一年となりました。なので、だいたいこういう結果になっています。でも、別にこれでもいい気がしてきた。来年も色々な曲を聴いていきたいです。

*1:この部分について掘り下げて書いた記事はこちら http://blog.miyu-otsuki.com/entry/2017/01/28/112513

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。