MIYU OTSUKI

京都府を拠点に活動するデザイナー、大槻 未優のポートフォリオサイト。

loading

MIYU OTSUKI

京都府を拠点に、
Web、グラフィック、UIのデザインを行なっています。


活動拠点は、京都府の田舎です。

山、川、畑、海と、豊かな自然に囲まれたこの地域で、四季を感じながらゆったりとデザインをしています。

地域のデザインの仕事などもお待ちしております。

BLOG

日常のことや、デザインのこと

WORK

制作実績

ABOUT

私について
プロフィール画像

大槻 未優 / MIYU OTSUKI

Designer

1992年9月3日生まれ。京都府出身。小学3年生のときにWebサイトの制作を始めたことをきっかけに、デザインに興味を持つ。以後独学でWebデザインの勉強を始め、Web、UI、グラフィックのデザインをプライベートで制作。2015年から1年間、株式会社はてなでデザイナーアルバイトとして勤務。写真とアイドル、自然が好き。物心ついた頃から、田舎の自然に囲まれて育ったので、田舎の風景が好きです。自分の住んでいる地域を、デザインの力でもっとより良くしていきたいと考えています。

  • 1992 born in Ayabe, Kyoto
  • 2015.03 - 2016.11 Hatena Inc, Designer Part-time

WORK

制作実績

f:id:kewpiedesign:20171211194437p:plain

NORTH KYOTO PROJECT ロゴ

2017, Logo

京都府北部をアピールする自主開催プロジェクト「NORTH KYOTO PROJECT」のロゴを制作しました。土と水をイメージしたカラーリングをメインに、多様な場面で使うことを想定し制作しました。

f:id:kewpiedesign:20171211194425p:plain

PORTFOLIO 2017

2017, Web

3度目となるポートフォリオのリニューアルを行いました。サイトの構成、コンテンツなどを見直し、自身のポートフォリオとしてきちんと機能するように再構築を行いました。

f:id:kewpiedesign:20171208115238j:plain

idoroot

2017, Web

個人的な趣味である、アイドル観察のアウトプットの場として、アイドルの情報を発信するブログ「idoroot」を制作。ロゴ制作からデザイン、コーディングに至るまでを一貫して制作しました。

実績の一覧を見る

BLOG

日常のことや、デザインのこと

つくりおき Advent Calender 2017 親子丼 #つくりおき

この記事は、つくりおき Advent Calender の21日目の記事です。

どうも初めまして。25歳、現役独身女性、アイドルオタクのデザイナー、id:kewpiedesignと申します。

普段、あまり料理をしないのですが、つくりおきブログを見ていると、様々な料理があるんだなあと思って、自分も何か作らなければいけないような気持ちになってきます。全く作らないよりは、何でもいいから作った方がいいですよね。

今回は、高校生くらいから気が向くと作っている親子丼を紹介しようと思います。特に何の特徴もない、素朴な味ですが、わりと家族には好評です。

材料

材料名
3個
  • 2個だとあまり卵の風味がしないので3個にしてあります。
鶏肉 細切れ肉を1パック(ささみでも可)
  • 唐揚げ用、鍋用など、何でも大丈夫ですが、小さめで火が通りやすいものにしましょう。
玉ねぎ 大1個
  • 大がない場合は小4個くらいでも大丈夫です。
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ2
200ml

昔からこんな感じでやっていて、とてもシンプルです。鶏肉がない時は、使わずに玉子丼にする時もあります*1。しょうゆとみりんがない場合は、濃縮のめんつゆを大さじ2〜3くらいで使ってもいい感じになると思います。分量は、何回もやっているうちにベストな量が分かってきたので、だいたいこのレシピで安定しています。

作り方

鶏肉を用意する

だいたい冷凍保存しているので、レンジでいい感じに解凍します。冷蔵の場合はそのまま使いましょう。特に何もしません。

玉ねぎを切る

普通に玉ねぎを切ります。あんまり切り方にこだわりはないです。食べやすい大きさに切りましょう。

鍋に水、しょうゆ、みりんを入れて沸騰させる

沸騰させましょう。先に味見をしておくと、味の保証が出来て便利です。

鶏肉を投入する

お肉は煮る時間が長いので、先に鶏肉を煮ておきましょう。

玉ねぎを投入する

玉ねぎも一緒に煮ます。鶏肉にしっかり火を入れたいので、蓋をして、15分くらい様子を見ながら放置します。このくらい経つと水気も飛んでくれると思います。

卵を溶いておく

適当な容器(お椀やボウルなど)に卵を入れて、適当に溶いておきましょう。あんまり溶かしすぎずに、程よくダマが残っている方がいいかもしれません。

卵を投入する

いい感じにグツグツしてきたら、卵を入れて仕上げます。卵を入れたあと、蓋を1分ほどして放置します。

出来上がり

火を止めて、適当な量の白米の上にお好みの量を盛りましょう。丼に白米を用意し、お玉で掬って乗せると見栄えが良くなります。米が炊きたてのホカホカだとなお良いです。

f:id:kewpiedesign:20171216223700j:plain

写真を撮るタイミングが悪くて、あと単純に写真のセンスがなくて、あまり美味しくなさそう。濃口しょうゆを使うと茶色が強いので、気になる場合は薄口しょうゆを使ってもいいかもしれません。調理中の写真は、ガスコンロが汚いので撮りませんでした。よっぽどじゃない限り間違えないと思うので、各々想像力を働かせる感じでやってもらいたいです。

食べる

食べましょう。味に保証はありませんが、きっと美味しいはずです。多分、素朴な味がします。


いかがだったでしょうか。丁寧と見せかけて粗雑な記事で申し訳ないです。そんなに手間も必要なく、簡単なので誰でも作れると思います。作ってみた感想などは、@kewpie_designまでご連絡ください。ありがとうございました。

*1:玉子丼にする場合は、調味料など調整してください

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼など、お気軽にご相談ください。

Eメール、またはソーシャルアカウントからお問い合わせください。